先輩社員インタビュー:契約管理部 2014年入社

入社の決め手となったのは、未経験でも一から知識を積める仕事だと思ったことです。デスクワークの経験がなかったため「私に事務職が勤まるのだろうか」と正直不安もありました。それでも面接の際に様々な職種からの転職で活躍している人も多いという話をうかがい、安心して入社することができました。
入社前は、家賃保証がどのような場面で利用されているのかがわからず、家賃の回収ということから漠然と「怖そう」というイメージでした。ところが、仕事を通じてお客様と話をする機会が増えていった頃に、お部屋を借りる側と貸す側の双方が安心して生活するために利用されているサービスだとわかりました。
社内の雰囲気もオフィスでは真剣に業務に取り組んでいますが、休憩スペースでは談笑するなど、毎日楽しく働いています。

インタビュー1

私が担当している業務は主に、お客様の契約書のチェックやデータ入力です。月に1万件以上契約書が到着するため、1日に1人で200件近く処理することもあります。速く、正確に進める必要がある中、電話応対やその他の業務もあり、1日が過ぎるのがあっという間という感じです。
入社当初は、会社の概要や保証内容など覚えることが多く、先輩や上司に聞いては覚えるということの繰り返しでした。そんな私も現在は、新しく入ってきた後輩に教える機会も多くなりました。教える立場になって初めて曖昧に覚えていることが多いことにも気づきます。今まで人に教えるという経験はなかったのですが、どのように説明したらわかりやすいかなどを考えながら、率先して業務に取り組んでもらえるようサポートしていきたいと思っています。そのためにもまず、自分の中の知識や判断を明確にできるよう努めていきたいと思います。

インタビュー2

入社してすぐの頃、お客様よりお問い合わせいただいた内容があまり理解できないということがありました。なんとか理解しようと伺っていたところ「わかる人に代わって」と言われてしまいました。非常にショックを受けたことを覚えています。前職でも電話応対をしていたので自信が無いわけではなかったのですが、自身の知識不足がお客様に伝わってしまった瞬間だと反省しました。それからはできる限りお答えできるよう知識を増やし、どんなお問い合わせにも『お客様は困って電話をかけてきている』ということを忘れずお話するよう心掛けています。一つ一つ解決できることを増やし、お客様から信頼を得られるようになりたいです。
最近では解決できたときに「ありがとう」と言っていただけることもあり、仕事の励みになっています。

1日のスケジュール

社会人チアリーダーのチームに所属し、毎週末練習やイベント出演などの活動をしています。朝早い練習はきついと感じることもありますが、イベントが成功したときにはすごい達成感を感じます。週末を楽しく過ごすことで仕事も切り替えて頑張れます。仕事が早く終わったときには、趣味である野球観戦に向かいます。仕事帰りの甲子園球場で飲むビールの味は格別です。

プライベート1 プライベート2

先輩社員インタビュー一覧

家賃保証用語集
家賃保証をはじめとした不動産に関する用語集です。
保証料金のお支払い
不動産会社様にてコンビニでのお支払いを指定
された方へのサービスです
学生入居支援『ガクワリ』
1人暮らしを始める学生さんに特別なサービス
を用意しています
子育て家庭応援制度
子育て家庭の借り主様に当社からのプレゼント
コーナーです